起業・独立を考えたらまずチェックしておきたい5つのこと

これから起業したい、独立したいと考えているなら、そのための準備はどうしても必要になってきます。

実際に起業した後では、日々の仕事で忙しくて新しい分野の勉強が追いつかなくなることもよくある話です。

なので、実際に起業して具体的なアクションを起こしていく前に、なるべく入念に準備しておくことがスタートダッシュを成功させるのです。

では、具体的にどんなことを準備しておくべきなのかについて、この記事でお伝えしていきましょう。

①資金は十分に貯まっているか

最初にチェックしておきたいのが、起業した後の運転資金や生活費といった資金が確保できているかという点です。

個人のフリーランスとしてビジネスを始めるなら、今の時代ならほとんどコストをかけずに稼ぎ始めることも不可能ではありません。

スタッフを何十人も雇って始めるようなビジネスを除けば、運転資金についてはそれほど気にしなくても大丈夫でしょう。

一方で必ず準備しておきたいのが、当面の生活費についてです。

半年分の生活費を目安に

たとえば今勤めている会社を辞めて独立して働くとなると、仮に病気や怪我で仕事ができなくなったり、思うような成果が出なくて売り上げが伸びなかったりした場合、自分と家族の生活費に困ることになります。

サラリーマンにとっての会社のような、安定した給料をもらえる存在は、フリーランスにはありません。

なので起業して稼げなかった場合のリスクに備えて、少なくとも自分と家族の生活費だけは確保しておくべきです。

よく目安として挙げられるのは、「半年分」の生活費でしょう。

まずは自分の普段の生活にいくらお金がかかるのかをチェックし、その金額を6倍した資金は貯金しておくといいですね。

②営業スキルor営業マンはいるか

どんな業種のどんなビジネスをやっていくにしても、必ず営業というものが必要になってきます。

ビジネスではお客さんに商品を買ってもらって初めてお金をもらえるわけですから、お客さんに購入を決意してもらうためのステップが不可欠なんですね。

営業のスキルがなければ、どんなに良い商品を持っていたとしてもお客さんに買ってもらうことができないのです。

これを読んでいる人の中には営業が苦手だと感じている人も多いと思いますが、最低限の営業スキルは身につけておいて損はありません。

どんなビジネスでも営業は不可欠

もしどうしても営業が苦手で、営業の勉強すら苦痛に感じるのであれば、営業の仕事を丸ごと外注してしまうという手もあります。

自分はよりよい商品を作って、より多くのお客さんを集めることだけに専念する。

実際にお客さんに商品を売っていく作業は、アルバイトや外注を使って営業マンを雇ってしまうという方法です。

もしかすると「そんなのお金がないのでできませんよ」と思われるかもしれませんが、自分の苦手なスキルをお金でカバーできる人こそ、大きな成果を手に入れることができるのです。

③会計知識or専門家はいるか

フリーランスとしての収入が大きくなってくると、自分で会社を作ってスタッフと一緒に会社を経営していく可能性も十分出てきます。

年収300万円ほどのフリーランスであればそれほど気にする必要はないのですが、年収1000万円を超えて会社設立を考えるようになってくると、必ず必要になってくる知識があります。

それは会計に関する知識です。

あまり想像ができないかもしれませんが、日本では収入が多くなればなるほど税金が重くのしかかってくる仕組みになっています。

自分で稼いだお金である以上、できるだけ税金を納めずにすませたいと考えるのが普通ですが、不正な手段を使ってしまうと脱税とみなされてしまうリスクがあります。

そこで必要になるのが節税という考え方なんですね。

規模が大きくなるほど会計が重要に

また、規模が大きくなくても、フリーランスなら毎年必ず「確定申告」という作業が求められます。

確定申告というのは、その年の収入と税金を税務署に自己申告する作業のことですね。

今ではクラウド会計ソフトのおかげでほとんど会計の知識は不要になってはいますが、会計の基礎的な考え方はある程度身につけておく必要があります。

実際に起業してビジネスを始めてみると、毎日の仕事に加えて会計の勉強もするというのは負担が大きくなってしまうので、事前に学んでおけるといいですね。

④目標が明確になっているか

起業して結果が出せている人たちというのは、最初から明確な目標をもとに行動していたという特徴があります。

最終的なゴールがはっきりと目に見えていたからこそ、そこに向かってひたすら進み続けることができたんですね。

一方で起業に失敗してしまう人たちは、具体的な目標を定めずにビジネスを始めてしまう傾向にあります。

なんとなく曖昧な目標は頭の中にあるけれど、その目標を具体的に紙に書き出したり、自分の言葉で表現したりしたことがないタイプの人ですね。

そんな状態では、当然ビジネスで成功することはできないでしょう。

目標月収から逆算して行動を

もしあなたが起業についての具体的な目標を持っていないなら、まずは達成したい月収を明確にしてみましょう。

「私は月100万円稼げるようになりたい!」

という目標を作ったとしたら、「1日あたり3万円稼ぐ必要があるんだな」「1日6時間働くなら時給は5000円以上にしないと」というように、目標から逆算して日々の仕事を計画していきましょう。

このように目標から逆算して考えていける人が、起業を成功に導くことができるのです。

⑤ITリテラシーは身についているか

私たち個人が起業して大きな成果を出せるのは、基本的にネットを使ったオンラインでのビジネスとなります。

もちろん店舗を構えてリアルな場でエステサロンや治療院を経営することも可能ですが、初心者にとってハードルが低いのはオンライン上のビジネスでしょう。

その際に不可欠になってくるのが、スマホやパソコンをいかに使いこなせるかというITリテラシーになります。

起業した後は当然スマホやパソコンを使う機会が増えるわけですから、これらの操作に慣れている人の方が結果を出しやすくなるのも当然でしょう。

ネットで稼ぐなら、どれだけ学んでも困らない

たとえば普通の人が1時間かかるパソコン作業を30分で終わらせることができれば、それだけ仕事にかける時間を少なくすることができます。

新しいビジネスアイデアを考えたり、自己投資のために本を読んだりする時間を多く確保できるので長く安定して稼げるようになるのです。

この世界では、常に新しいマーケティング手法や最新技術が使われるので、ITリテラシーが高いだけでもビジネスを有利に進めることができます。

キーボードで早く入力するためのタッチタイピングや、パソコンのショートカットキーなども含めて、仕事を効率化できるスキルはどんどん身につけておきましょう。

おわりに

今回は起業する前にチェックしておきたい5つのポイントをテーマに、身につけておくべきスキルについて紹介してきました。

ここで取り上げたポイントを参考にして、起業の準備を進めていきましょう。

3STEP無料オンライン講座プレゼント:今すぐLINEで友達追加