close

代表理事あいさつページへのリンクバナー

代表理事あいさつページへのリンクバナー

“YouTubeを見る”

主婦だって自分の部屋が欲しい!狭い家でも自分の空間を作る方法

こんにちは!
日本SNSクリエイター協会・代表理事のしらがです。

「家族のために忙しく働いているけど、たまには一人の時間もほしい」
「旦那の書斎や子ども部屋があるのに、主婦の部屋がないのはおかしい!」

あなたはそんなふうに感じていませんか??

主婦として日々がんばっている方こそ、一人でリラックスする時間も大事だと思います!

でも、現実はゆっくりできるスペースもないし、家族が気になってしまうと半分諦めているんじゃないでしょうか?

しかし工夫次第では、自分のスペースを確保することもできるんです!

今回は、主婦が狭い家でも自分の空間を作る方法をご紹介します♪

主婦が自分の部屋を持つメリット・デメリットとは?

まずは、主婦が自分の部屋を持つメリットとデメリットについて解説していきますね!

家族を気にせず一人の時間を過ごせるのがメリット

自分の部屋を持つメリットの1つは、家族を気にせずに自分の時間を過ごせることです。

家族の誰よりも早く起きて、家族の睡眠を邪魔せずに朝活に取り組んだり。

逆に、家のことを済ませたあとに、ゆっくり深夜までドラマ・映画鑑賞をしたり…。

好きなことを誰にも邪魔されずにできるのは、最大の魅力ですよね^^

自分だけの部屋ができることで、趣味の物を置いたり、化粧品や洋服など自分個人の物も整理しやすくなりますよ♪

家族との時間が減りやすいのがデメリット

主婦の方が自分の部屋を持つデメリットとして、家族との時間が減ってしまい、家族団欒の機会が少なくなってしまうことが挙げられます💦

家族とのコミュニケーションが減ってしまうとか、家族揃って食卓を囲むこともなくなってしまった…なんてこともあるでしょう💦

自分の部屋にいても家族にいろんなお願いをされたり、家族の様子が気になったりして落ち着けないこともあります。

主婦が自分の部屋を作る5つの方法!狭い家でも大丈夫

メリットもデメリットも理解した上で、主婦の個人スペースを確保するにはどうしたらいいのでしょう?

狭い家でもできる、主婦が自分の部屋を作る5つの方法を紹介するので、気になるところをチェックしてみてくださいね♪

  1. 使っていない部屋を片付ける
  2. ウォークインクローゼットを活用する
  3. ベランダにテーブルセットを置いてみる
  4. リビングの一角で間仕切りを使う
  5. 賃貸の部屋を借りる

使っていない部屋を片付ける

子どもが自立した後の子ども部屋や、物置として使っている部屋など、ほとんど使っていない部屋を片付けて自分の部屋にするという方法があります。

物置にあるものを処分したりメルカリで売ったりすれば、断捨離やお小遣い稼ぎもできて一石二鳥ですね^^

物置にして放置していれば部屋も傷みやすいですが、自分の部屋として使っていればメンテナンスも行き届くようになります。

まずは使っていない部屋の整理を兼ねて、自分の部屋にできないか考えてみましょう!

ウォークインクローゼットを活用する

広々としたウォークインクローゼットがある家なら、ウォークインクローゼットを整理して自分の個室のように使うこともできますよ^^

電源を引けばパソコンを設置することもできますし、スタンドライトを設置してもいいですね!

半個室のようなプライベート感があるので、作業にも集中しやすいはず。

費用や手間もかからず、手軽に個人のスペースを作れるのも魅力ですよ!

ベランダにテーブルセットを置いてみる

ある程度の広さがあるベランダなら、テーブルセットを置いて作業スペースとして使ってみるのはいかがでしょうか?

気温がちょうどいい季節の天気のいい日は気持ちよく過ごせますし、周りの風景を楽しみながらホッと一息つけたらいいですよね♪

開放的な場所で読書や勉強、パソコン作業などもできるので、家の中にスペースを作りづらい方はベランダも活用してみてください^^

リビングの一角で間仕切りを使う

部屋の数が少なく、家もそこまで広くない場合には、リビングの一角に間仕切りを設置して、簡単な個人スペースを作ってみてはいかがでしょうか?

コロナ禍でリモートワークも増えたこともあって、100円ショップやホームセンター、通販サイトでもさまざまな間仕切りが売られていますよ!

大きめの本棚を置いて、家族空間と自分のスペースを区切るのもいいかもしれませんね!

パーティションや間仕切りは、来客の時の目隠しにも使えるのでおすすめです^^

賃貸の部屋を借りる

金銭的に余裕のある人は、自分用の部屋として賃貸の部屋を借りてしまうのも一つの手かもしれません!

家族と完全に離れて一人暮らし気分で、自分の時間を楽しむこともできるでしょう。

お気に入りの家具や小物を揃えて、趣味部屋を持つのもいいですね♪

自宅から近い距離であれば、気軽に行き来できて、自分だけの空間に足を運ぶのが楽しくなりますよ^^

主婦が自分の部屋を作るなら引っ越すのもおすすめ

「やっぱり、家が狭くて自分の部屋を持つのは現実的じゃない…」

そんな方には、広くて部屋数の多い家に引っ越すのもおすすめです!

ただ、引っ越しにはお金や時間もかかりますし、高い家賃を払う余裕がない方も多いと思います💦

そこでここからは、引っ越し先・費用面のお悩みを解決する3つのポイントについて解説しますね。

  1. どんな物件に引っ越したらいい?
  2. 家賃や引越し費用はどうすればいい?
  3. スキマ時間で貯金を増やす方法はない?

それぞれ詳しくみていきましょう!

どんな物件に引っ越したらいい?

主婦の方が自分の部屋を作るためには、家族それぞれが個々の部屋がある家が理想的です。

家族といえどプライバシーや個人の時間も必要なので、家族人数分の部屋がある物件がおすすめですよ^^

その上で、各部屋からリビングの距離が近く、声が届きやすい間取りの家であれば、個人の時間も家族時間も大切にできるでしょう。

家賃や引っ越し費用はどうすればいい?

引っ越しを考えた時に、浮かぶのは家賃と引っ越し費用の不安ですよね💦

家族に協力してもらって、家族で一丸となって食費や光熱費を節約して、費用を貯めるのもいいかもしれませんね!

家族で同じ目標を持つことで、家族への理解も得られやすいです。

旦那さんにも自分の部屋が欲しいことを相談してみると、前向きに引っ越しと節約に協力してくれるかもしれませんよ^^

スキマ時間で貯金を増やす方法はない?

引っ越し費用を貯めるには、自分自身でもスキマ時間を使って働いて、収入を得るのが効果的です!

たとえば、家にある不用品をメルカリやヤフオクなどで売ってみるとか。

これまでの経験・スキルを活かして、Webデザイナーやプログラマーとして在宅でお仕事を受けてみるのもいいかもしれません!

経験やスキルに自信がなく、まとまった収入を得たい方には「SNSクリエイター」もおすすめです^^

SNSクリエイターとは、個人事業主や企業経営者のSNSアカウントを代わりに運用することで、売り上げアップのお手伝いをする仕事です。

SNS運用のスキルを学ぶ必要はありますが、「SNSクリエイター資格講座」なら最短で3ヶ月でスキルを習得することもできます^^

履歴書にも書ける資格の発行も受けられて、スマホ1台でも始められるので、忙しい主婦さんがスキマ時間で働くのにぴったりなお仕事なんですよ♪

興味がある方は、ぜひ私のLINEに登録してお気軽にメッセージを送ってくださいね!

おわりに

「SNSクリエイターに興味があるから、もっと詳しく教えてほしい!」

そんな声にお応えして、SNSクリエイター協会では「SNSクリエイター体験講座」をご用意しました!

下のボタンから私のLINEを友達追加してくれた方にプレゼントしていますので、ぜひ受け取ってくださいね^^