なぜお金持ちほど働かないのか?

女性起業家

世の中でお金持ちと呼ばれる人ほど、実は働いていないという特徴があります。

これは、OLとして働く方にとってはちょっと衝撃的かもしれません。

でも、「長時間働けばそれだけお金が増える」という常識を捨てることで、次の段階に進めるようになります。

今回は、お金持ちほど働かない理由、時給ではなく仕組みで収入を得るべき理由についてお伝えしていきたいと思います。

金持ち父さんの「キャッシュフロー・クワドラント」

あなたは「キャッシュフロー・クワドラント」という言葉を知っていますか?

これは『金持ち父さん 貧乏父さん』という本の中で出てくる言葉で、私たちの働き方を4つのタイプに分類する考え方です。

その4つの働き方とは、次の通り。

  1. E:従業員(Employee)
  2. S:自営業(Self employee)
  3. B:ビジネスオーナー(Business owner)
  4. I:投資家(Investor)

世の中の多くの人は、従業員としての働き方を送っています。

しかしお金持ちになるためには、絶対にビジネスオーナーまたは投資家を目指す必要があるんですね。

ESBIをコンビニに例えると?

この4つのキャッシュフロー・クワドラントについて、コンビニで例えてみましょう。

まずアルバイトとしてコンビニで働くスタッフは、従業員ですよね。

コンビニを経営するけど本部にロイヤリティを納めないといけない雇われ店長が、自営業にあたります。

そしてセブンイレブンやファミリーマート、ローソンの本部がビジネスオーナー。

本部の人たちは現場で働くわけではなく、それぞれのコンビニからのロイヤリティで売り上げを立てているのが特徴です。

そして投資家にあたるのが、コンビニの株を買って保有している人になります。

入ってくるお金は、右側の働き方が圧倒的

4つの働き方を比べてみると、入ってくるお金の量は、ビジネスオーナーと投資家の2つが圧倒的に大きくなります。

従業員が時給1000円で働き、自営業が月30万円稼ぐ間に、何百万円、何千万円もの収入を手にしているのが右側の働き方なんですね。

私たちもお金持ちを目指すなら、必ず右側の働き方を目指す必要があります。

そうでなければ、永遠にビジネスオーナーや投資家の作った仕組みの上で働くしかないんですね。

時給や月給で働く限り、成功できない

左側に位置する従業員や自営業は、自分で働くことでお金を受け取ります。

一方のビジネスオーナーや投資家は、従業員・システム・お金に働いてもらうという特徴を持っています。

人を働かせることには抵抗を覚えるかもしれませんが、そもそも時給でお金をもらっていては大きく稼ぐことは不能なんです。

お客さんに価値を与えることが本質

私たちが受け取る給料というのは、言うまでもなくお客さんが支払ってくれるお金から支払われます。

だったら、給料を上げるためにはお客さんに提供できる価値をあげないといけません。

しかし、時給や月給で働いている限り、お客さんに対して提供する価値を増やすのは難しい。

なぜなら、価値を提供できる相手が限られてしまうからです。

マンツーマンとYouTubeならどっち?

たとえば一対一でコンサルを行うことと、YouTube動画を公開することだったら、どちらのほうがお客さんに価値を提供できるでしょうか?

一対一のコンサルは、一度に1人のお客さんにしか価値を提供できません。

しかしYouTubeであれば、何千人、何万人というレベルで価値を提供できるんですよね。

この2つを比べたら、どちらが稼げるかは明らかなはず。

レバレッジをかければ、長期的な売り上げへ

短期的には、1:1でコンサルするほうが、手っ取り早く稼げるのかもしれません。

しかし、YouTubeに動画をアップすることであなたのファンが増えれば、それだけたくさんの人に商品を買ってもらえるようになるでしょう。

レバレッジが効いた結果、長期的な売り上げが大幅にアップするわけですね。

長時間働くことには意味がない

私たちがお客さんからお金をもらうということは、その代わりにお客さんに価値を提供するということです。

そのためには、まずは時給思考を捨てないといけません。

「こんなに長時間働いたのに!」「一生懸命やったのに!」と文句を言っても、お客さんが価値を感じていなければ意味はありません。

お客さんにしっかりと価値を提供できれば、自然と売り上げもついてくるものです。

会社で価値を高めても、給料は上がらない

会社で働いているままでは、どれだけ価値を高めても給料は上がらないでしょう。

だったら、独立して一人でやったほうがマシだと考える人が増えるのも当然です。

会社の立場からすれば優秀な人を逃したくないので、副業禁止のルールを作ろうとしますが。

仕組みで稼ぐための具体的な方法

たとえば「LINEステップ」という仕組みも、より多くの価値を提供して収入を増やす方法の1つです。

LINEステップというのは、LINEに登録してくれたお客さんに対して、一定のタイミングでメッセージが送られる仕組みのことを言います。

一度設定しておけばシステムが自動でメッセージを送ってくれるので、自分で作業する手間がカットできるのがメリットです。

人やシステムの力を借りよう

このように、自分が何もしなくても、商品が売れる仕組みを作ることがポイントです。

スタッフさんを雇って仕事を任せてもいいですし、LINEステップのようなシステムを活用するのでも構いません。

たとえばブログやYouTubeなら、誰でも無料で使い始めることができますよ。

ネットワークビジネスでは、稼げません

冒頭で紹介した「キャッシュフロー・クワドラント」の話が出てくると、大抵の場合はネットワークビジネスに勧誘されます。

とはいえ、ネットワークビジネスという働き方も、実は従業員や自営業でしかありません。

相手の甘い言葉に乗ってネットワークビジネスに手を出しても、結局はお金持ちにはなれないのです。

そうではなく、まずは仕組みを作って商品を紹介したり、自分の商品を売ったりしていきましょう。

まずは副業からスタートしよう

どんなビジネスを手がけるにしても、最初のうちは会社の給料をもらいながら副業でスタートすることをおすすめしています。

なぜなら、いきなり起業するより副業で稼ぐ人のほうが、成功しやすいというデータがあるからです。

がんばればがんばっただけ収入が増える世界でもあるので、がんばりに応じた収入を得たい人にもおすすめできる働き方ですよ。

おわりに

ビジネスオーナーや投資家などのお金持ちは、人やお金に働いてもらうため、自分では働く時間が驚くほど少なかったりします。

時給や月給で働く思考を捨てて、「お客さんに提供する価値」を高めるため、あなたも副業に挑戦してみませんか?

3STEP無料オンライン講座プレゼント:今すぐLINEで友達追加