close

代表理事あいさつページへのリンクバナー

代表理事あいさつページへのリンクバナー

“YouTubeを見る”

メンタルが弱い人が打たれ強くなるための3つの方法【SNSクリエイター】

こんにちは!日本SNSクリエイター協会・代表理事のしらがです。

あなたは自分のことを、メンタルが強い人だと思いますか?

それともメンタルが弱い人だと感じますか??

世の中で成功を収めている人たちは、やっぱりメンタルが強い人が多いです^^

でも、メンタルの強さっていうのは生まれつきじゃなくて、「メンタルを鍛えるトレーニングをしたかどうか?」で決まるんですよね♪

だから、メンタルが弱くて悩んでいる方でも、今からメンタルマネジメントを学んだり、心理学を学んだりすることで、強靭なメンタルを作ることができるんです!

そこで今回は、メンタルが弱い人の特徴を紹介しながら、打たれ強い人になるためのポイントを紹介していきたいと思います^^

メンタルが弱くてもいい!

まず前提としてなんですけど、私は

「絶対にメンタルが強くないといけない」

と言いたいわけじゃないんです^^

たとえメンタルが弱かったとしても、普通に生活を送ることができますから。

ただ、メンタルが弱いとどうしてもみなさん自身が辛くなってしまうんですよね。

たとえば、ちょっとしたことでもすぐ傷ついてしまって病んでしまったり。

新しいことに挑戦する勇気がなくて、夢や目標をあきらめてしまったり。

なのでメンタルが弱くて悩んでいる方は、この記事を読むことで

「こういう考え方もあるんだ!」

と知っていただけたら幸いです♪

メンタルが弱い人の特徴①感情で落ち込んでしまう

というわけで最初にお伝えしたいのは、メンタルが弱い人は

「事実ではなく感情のせいで落ち込んでしまう」

という特徴を持っていることです!

たとえば、相手のちょっとした言動や仕草から、「私は嫌われているんじゃないか?」と思い込んで、勝手に落ち込んでしまうタイプの人ですね。

自己肯定感が低いから、メンタルが弱い!

基本的にメンタルが弱い人って、人のことを疑っているというか、自分を嫌っている人をわざわざ探しにいく性質を持っています。

本当は自分のことを好きな人が多いはずなのに、あえて自分を嫌っている人に近づいていってしまう…。

そもそもメンタルが弱い人は自己肯定感が低く、自分嫌いな人が多いので、どうしてもネガティブな評判に敏感になってしまうんですね💦

「こういう言い方をしたらよかったのかな」
「この言葉が気に障ったのかな」

というように、いろいろと考えすぎてしまうわけです。

その結果、メンタルを病んでしまって苦しくなってしまうんです。

メンタルが強い人は、「事実」のまま受け入れる

一方でメンタルが強い人は、感情ではなく「事実」をそのまま捉えることができます♪

たとえばLINEの返信が来なかったとしても、「きっと向こうも忙しいんだろう」と割り切って考えることができます^^

しかしメンタルが弱い人は、「この言い方がよくなかったのかな」「嫌われちゃったのかな」と余計なことを考えてしまうんです!

つまり結局は「自分に自信を持ちましょう」ってことですね!

少しでも自分に自信を持てるようになれば、どんどんメンタルも強くなっていきます。

嫌われる勇気を持ちましょう♪

いわゆる「嫌われる勇気」を持つことも大事だったりします^^

もちろん悪いことをしろって意味じゃないんですけど、「嫌われてもいいや」って思える人はやっぱり堂々と振る舞えるようになりますから!

だから、まだ嫌われる勇気を持てていない人は

「嫌われてもいい…嫌われてもいい…」

という感じで、自分を洗脳するような感じで言葉に出してみてもいいですね♪

そうすれば、次第にメンタルが強くなっていって

「ありのままの自分を出して嫌われるんだったら、もうそれでいいや!」

と思えるようになりますから^^

メンタルが弱い人の特徴②1つのことにクヨクヨ思い悩む

たとえば師匠とかクライアント様に厳しいことを言われてしまったとして、それをズルズルと引きずって長い間思い悩むのも、メンタルが弱い人の特徴ですね。

ただ、そこで「落ち込んじゃダメだ!」「もっとちゃんとしなきゃ」って考えてしまうと、どんどん気分が落ち込んでいきます…。

だからおすすめなのは、

「今日1日だけ、ネガティブな感情に向き合おう♪」

と考えること!

「悲しい」「不安だ」みたいな感情を否定するんじゃなくて、そのまま受け入れてあげる。

思いっきり泣いてもいいし、友達に愚痴ってもいいと思います^^

そうやって感情に向き合えば、次の日にはメンタルも回復していますから!

ポジティブな方向へ考えるだけでも違う

ちなみにメンタルが強い人の考え方としては、誰かに厳しいことを言われた時には

「自分のためにアドバイスしてくれているんだな!」

と考えます^^

やっぱりポジティブ思考な人ばかりなので、「私のためを思って叱ってくれる!」と考えることが多いんですね!

そんなふうにポジティブに考えるだけでも、クヨクヨ思い悩む時間って減っていきますよね?

人が病んでしまう心理学的な理由

そもそも心理学では、人が病んでしまうのは感情を消化しきれてないからだと言われています。

ちゃんと自分の感情に向き合って、きちんと悲しんで、きちんと不安な気持ちに向き合ったら、自然と気分も晴れていくものなんです^^

でも、多くの人はネガティブな感情から目を逸らして、1日に何度も「悲しいな」「不安だな」と考えてしまう。

だからこそ、1つのことで何日も何週間も思い悩んでしまうんですね💦

そう考えると、やっぱりきちんと感情に向き合って受け入れることが大事だと思います!

友達に愚痴るのもいいですし、紙とペンを用意して今の気持ちをババーっと書き出してみるのもおすすめです^^

メンタルが弱い人の特徴③新しいことに挑戦できない

メンタルが弱い人の特徴として、最後に「新しいことに挑戦できない」ことも挙げられます。

これはメンタルが弱い人の一番のデメリットですね💦

というのも、新しいことに挑戦できずにグズグズしているのが、すごく時間のムダだから。

「副業に失敗したらどうしよう…」
「うまく稼げなかったらどうしよう…」

みたいな感じで足踏みしてしまうのは、心のエネルギーと時間の浪費でしかないんです!

副業に失敗しても、なんともない!

そもそも副業に失敗したくらいで、取り返しのつかない状況になるなんてありえません^^

仮に全然稼げなかったとしても、勉強のために使ったお金や時間が多少ムダになるくらい。

借金で1000万円背負ってしまうとか、普通にやっていれば起こらないことなんですよね💦

にもかかわらず新しく副業に挑戦しようかどうか迷っているのは、本当に時間のムダ!

失敗もいい経験!まずは踏み出してみよう♪

でも、そこで一歩踏み出すことができると、絶対に新たな世界が広がっていきます^^

やっぱり成功している人たちも、どんどん新しいことに挑戦するから経済的にも時間的にも豊かになっていくんですよね。

「失敗してもいい経験値になるから、怖がらずにやってみよう!」

そんなマインドで行動できるので、当然成功するチャンスもアップしていくわけです♪

もちろん、今すぐにこういうマインドを持つのは難しいと思います。

なのでまずは、「こういう考え方もあるんだ!」ということを知って、少しずつ意識するところから始めてみてくださいね^^

おわりに

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます^^

  1. 感情で落ち込んでしまう
  2. 1つのことにクヨクヨ思い悩む
  3. 新しいことに挑戦できない

この3つが、メンタルが弱い人の3つの特徴になります。

これを参考にして、みなさんもぜひ強靭なメンタルを手に入れるためにがんばってみてくださいね♪