SNSクリエイターの年収・需要は?時給6250円も狙える大注目の職業

SNSクリエイター

「これからSNSクリエイターとして活動していきたい!」
「そもそもSNSクリエイターってどんな仕事か知りたい!」

そんな人たちにとっては、SNSクリエイターがどれくらいの年収を得られるのかは気になるところだと思います。

今の仕事を辞めても稼いでいけるのか?副業にもおすすめなのか?

そんなふうに気になっている人に向けて、今回はSNSクリエイターの収入と需要について解説していきましょう。

SNSクリエイターってどんな仕事?

そもそもSNSクリエイターというのは、お客さんのSNS運用を代行する仕事です

「うちの会社でもSNSアカウントを運用したいけど、どうやったらいいかわからない」

というフリーランスやスモールビジネス経営者に向けて、フォロワーを増やして売り上げを伸ばすお手伝いをするのが仕事です。

個人や企業のSNS運用を代行すること

たとえば、InstagramやTwitterのアカウントを作るだけなら、誰にだってできますよね?

写真やつぶやきを投稿することも、気になる人をフォローすることだって誰にでもできると思います。

でも、「1ヶ月で1000人のフォロワーを増やす」となると、一般的には難易度がグンと上がります。

お金で買ったり、手当たり次第にフォローしまくったりしても、1ヶ月で1000フォロワーというのは難しい数字。

でも、SNSクリエイターとしてのスキルを身につければ、1ヶ月1000フォロワーも不可能ではなくなります。

短期間でたくさんのフォロワーが集まって、フォロワーさんの中から商品を買ってくれる人も出てくる…。

そんな状態になれば、クライアントも大喜びするでしょう。

月収5万円〜100万円まで目指すことも可能

SNSクリエイターの働き方は、WEBデザイナーやWEBライターの仕事に似ています。

本業のあるサラリーマンや、専業主婦の方が、副業としてWEBデザイナーやWEBライターの仕事をしている人は多くいます。

一方で、WEBデザイナーやWEBライターの仕事を本業にして、それ1本で生活している人もいます。

SNSクリエイターも同じで、副業として月5万円稼ぐことも、本業として月100万円稼ぐことも可能な働き方なんです。

SNSクリエイターが稼げると断言できる理由

そんなSNSクリエイターは、今後確実に需要が伸びて、活躍の幅が広がっていくと断言できます。

私たちがここまで言い切れるのは、今のSNS運用の業界が大きく偏っているからです。

SNS運用を依頼したいと考えているフリーランスやスモールビジネス経営者は多くいるのに対して、SNSクリエイターの数が圧倒的に足りていない。

だからこそ、今からSNSクリエイターのスキルを身につければ、大きなチャンスがやってくるのです。

ニーズに対して、SNSクリエイターが少ない現状

2020年の新型コロナウイルスの影響を受けて、多くのフリーランスやスモールビジネス経営者は、売り上げ不振に陥っています。

特に店舗ビジネスを経営している人は大きな打撃を受けて、このままじゃヤバい!と感じているはず。

そうした人たちが目をつけるのが、SNSを使ってお客さんを集めて、オンラインで商品を売っていく方法です。

でも、大半のビジネスパーソンはSNSを運用するノウハウを知らないので、SNSアカウントを作って情報を発信しても、いつまでもフォロワーが増えません。

そこで、「自分の代わりにSNS運用をやってくれるプロはいないだろうか…」と考えるビジネスパーソンが増えているんですね。

しかしそのニーズに応えるSNSクリエイターは、まだほとんど存在しないのが現状です。

未経験スタッフでも1ヶ月で2000フォロワー達成

「でも、SNSクリエイターって難しいんじゃないの?」

そう感じる人も多いかもしれません。

ところが実際には、(株)SYKで雇ったSNS運用未経験のアルバイトスタッフが、たった1ヶ月で2000フォロワー集めることに成功したという実績があります。

SNS運用はノウハウとテンプレートがあれば誰でも再現できるスキルなので、SNSクリエイターになる難易度もずっと低いんです。

SNS運用業界は、大企業向けのサービスばかり

GoogleでSNS運用の代行サービスについて検索してみると、月額で20〜50万円かかるものばかりヒットします。

こうしたSNS運用の代行サービスは、実は大企業の公式アカウントをターゲットにしたもの。

フリーランスやスモールビジネス向けの代行サービスが少なく、個人のSNSクリエイターが割り込む余地がまだまだ存在します。

フリーランス・スモールビジネス向けの商品が少ない

SNS運用業界の相場が月50万円だとして、あなたが月5万円で同じだけのサービスを提供できたとしましょう。

「相場の10分の1でしっかりSNS運用してもらえるなら、そっちにお願いしたい!」と考えるビジネスパーソンも多いはずです。

だから、時給6250円も狙える

月5万円でSNS運用の仕事を任せてもらえるという場合、1日30分、週に4日だけ働くということも可能です。

すると30分×4日×4週間で、月に480分(8時間)働く計算になります。

月5万円の収入を8時間で割ると、時給は6250円。

この時給は、医師や大学教授、弁護士といった人たちの時給すら上回るレベルなのです。

これからはSNSクリエイターが活躍する時代へ!

今の時代、YouTuberやプログラマ、WEBクリエイター、動画クリエイターといった仕事が大きな注目を集めています。

そしてこれからは、SNSクリエイターという職業にも大きなスポットライトが当たるはずです。

もしかしたら、SNS運用に関する詐欺案件が出てきたり、お客さんからお金だけ受け取ってSNS運用は放置する…みたいな、怪しいビジネスが出てくるかもしれません。

でも、怪しいビジネスで詐欺を働くのは絶対ダメ

あなたが真っ当なやり方で成功を手にしたいと考えるなら、そうした怪しいビジネスには手を出してはいけません。

MLMや投資、転売の世界では今でも怪しい情報商材が多くあると聞きます。

「絶対に儲かる!」「1日3分で月100万円!」といった甘い言葉で人を集める手法は今も使われています。

幸せに成功したいなら、そうしたビジネスには手を出すべきではありません。

人から詐欺師と言われるような仕事、名前が汚れるような仕事は、幸福な人生をきっとジャマします。

人から感謝される仕事を選ぼう

どうせなら、その仕事を通じて人から感謝される働き方を選びましょう。

たとえば、SNS運用の代行サービスを通じて、フリーランスやスモールビジネス経営者のお手伝いをするSNSクリエイターのように。

「君のおかげでフォロワーが集まって売り上げも伸びたよ!ありがとう」

そんなふうに言ってもらえて、自信を持って続けていけるSNSクリエイターを、あなたも目指してみませんか?

おわりに

私たち(株)SYKでは、SNSクリエイターを目指す方向けに全3回の動画講座をご用意しています。

当ブログのLINEを友達追加していただければ無料でプレゼントしていますので、ぜひ受け取ってくださいね。

3STEP無料オンライン講座プレゼント:今すぐLINEで友達追加