なぜSYKが「SNSクリエイター」を教えるのか?根底にある想い

SNSクリエイター

今回のブログでは、なぜ私たちSYKが「SNSクリエイター学科」を主催し、SNS運用のスキルを教えているのかという理念について、お伝えしたいと思います。

SNS運用で稼ぎたいなら、自社でSNSクリエイターを育成して、自社でSNS運用の仕事を引き受けたらいい…。

なのに、どうしてSNSクリエイターのノウハウを全部公開して、誰でも稼げるようなカリキュラムを提供しているのか?

そんな疑問にお答えする、SYKの掲げるミッションをお話しします。

SNSクリエイターを支援しようと思ったきっかけ

そもそもSYKでは、フリーランスから中小企業、スモールビジネスを手掛ける経営者に向けて、マーケティング支援を行なってきました。

その事業の軸となっていたのは、SNS集客(SNSマーケティング)です。

InstagramやTwitter、LINE@、YouTube、Zoomといったツールを使ってお客さんを集め、売り上げを伸ばすことをサポートしてきたのです。

SNS集客が苦手な人からの相談が相次ぐ

しかし、実際にSNS集客について指導していると、中にはどうしてもうまくいかない人が出てきます。

特にSNSという分野は、得意不得意が現れやすいジャンル。

SNSが大事だということを頭では理解していても、うまく結果につながらずSNS集客が実践できないという悩みが多く寄せられていました。

しかし、SNS集客の重要性はさらに高まっている

「SNSが苦手だから…」とSNSをやらなければ、当然売り上げは減っていくことでしょう。

特に個人でビジネスを手がけるフリーランスやスモールビジネスの経営者は、お客さん一人ひとりとコミュニケーションをとり、信頼関係を構築していく必要があります。

「あなたの商品だから使いたい!」
「あなたのお店だから買いたい!」
「あなたのサービスだからお金を払いたい!」

そんなふうにお客さんに思ってもらえる関係づくりをしなければ、これからの時代で生き残ることは不可能。

新型コロナウイルスが大流行する最近になって、SNSの重要性はさらに高まっています。

新型コロナで経済は大きく落ち込む

2020年初めから世界的に大流行している新型コロナウイルス。

その影響は、日本経済にも大きなダメージを与えています。

たとえば、内閣府の3月9日の発表によれば、国内総生産(GDP)が7.1%のマイナスを記録するとされています。

※参照:https://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/sokuhou/files/2019/qe194_2/pdf/gaiyou1942.pdf

国内総生産というのは、日本全体の稼ぐ力を示す数字。

ちなみに2008〜2009年のリーマンショック時には、最大でも3.7%のマイナスでしたから、いかに大きな影響が出ているかがわかると思います。

さまざまなデータが示す「このままじゃヤバい」理由

このほかにも、総務省の報告では、1世帯あたりの消費支出が前年比5.1%減少しているというデータもあります(2019年10月)。

※参照:https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00200561&tstat=000000330001&cycle=1&year=20200&month=11010301&tclass1=000000330001&tclass2=000000330004&tclass3=000001034794&result_back=1

日本では2019年10月に消費増税があったばかり。

そんな中で新型コロナウイルスが流行してしまったため、日本全体にも、私たち一人ひとりの家計にも、大きなダメージを受けているんですね。

これを読んでいる方の中にも、給料が減ってしまったり、仕事をクビになったりする経験を持つ方は多いでしょう。

求人数は、去年のたった半分しかない

東京労働局の「産業別新規求人数」をみても、「宿泊業,飲食サービス業」「生活関連サービス業,娯楽業」「運輸業,小売業」などで前年比50%以上、求人数が減っていることがわかります。

※参照:https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/jirei_toukei/shokugyou_shoukai/_122954/_122963.html

2019年5月に比べて、2020年5月の求人は半分以下しかないということです。

仕事に苦労している若い人へ、SNSクリエイターをすすめたい

「転職したいけど、いい会社が見つからない」
「給料を増やしたいのに、会社の悪いウワサばかり聞く」

そんなふうに仕事に苦労している20〜30代の若い方に、SNSクリエイターという働き方を提案したい…それが私たちのミッションの1つです。

「成長したい」「稼ぎたい」と考えている人向けに、SNS運用を代行する仕事を指導して、SNSクリエイターのプロフェッショナル集団を作る。

そしてSNS運用をプロにまかせたいと考えているフリーランス・スモールビジネスとのマッチングを図るのが、もう1つのSYKのミッションです。

今のSNS代行は、大企業向けばかり

現在、フリーランスやスモールビジネスを手掛けて稼いでいる方というのは、40〜60代の方が多くなります。

スマホネイティブ世代とは違い、SNSやスマホの操作が苦手な人も珍しくありません。

「自分の代わりに、SNSの更新をやってくれる人はいないかな…」と考える層は、意外と大きいのです。

もちろん、以前からSNSの運用代行会社というのは存在していました。

しかしそうした会社のサービスは、主に大手企業の公式アカウントをターゲットとしているため、月30〜50万円以上かかるのがデメリット。

フリーランスや中小企業向けに、安く・効果が出るSNS運用代行をやっているところが少ないんですね。

このポジションを狙い、これからのSNS運用の成長性も踏まえて、新たなマッチングプラットフォームを作りたいと考えました。

SYKが掲げる新しいプラットフォームモデル

SNSクリエイター
・社会に貢献できる仕事で給料を増やしたい
・時間や場所にとらわれずに稼ぎたい
・20〜30代の若手、スマホネイティブ世代

フリーランス・スモールビジネス・中小企業
・SNSを使ってお客さんを集め、売り上げを増やしたい
・でも自分じゃムリなので、プロにSNS運用をまかせたい
・40〜60代のビジネスパーソン、スマホ操作は苦手

この両者をマッチングし、それぞれの悩みを解決できる場を提供していく…。

それがSYKが目指すまったく新しいプラットフォームの形です。

あなたもSNSクリエイターを目指してみませんか?

そのためにまずは、SNS運用のスキルを持ったプロのSNSクリエイターを育成することが、私たちのミッション。

「SNSクリエイターを目指そう!」と思ってもらえる方を一人でも増やしたいという思いで、このブログも運営しています。

今後もSNSクリエイター向けの記事をどんどんアップしていきますので、ぜひチェックしてくださいね。

おわりに

株式会社SYKでは、SNSクリエイターを目指す方向けに全3回の動画講座をご用意しています。

当ブログのLINEを友達追加してくれた方に無料でプレゼントしていますので、今すぐご登録ください!

3STEP無料オンライン講座プレゼント:今すぐLINEで友達追加