ポジティブ思考で起業を始めるために意識したい7つのポイント

起業

突然ですが、あなたはポジティブ思考ですか?それともネガティブ思考でしょうか?

この記事を読んでいるということは、おそらくあなたはネガティブ思考タイプの人物で、ポジティブ思考になってビジネスを成功させたいと考えていることでしょう。

でも、ポジティブ思考を身につけるために具体的にどんなことをしたらいいのかわからないってこともありますよね?

そこで今回は、今すぐにポジティブ思考になるための思考のコツについて紹介していきます。

ポジティブ思考もネガティブ思考も、成功には不可欠

最初にお伝えしてきたいのですが、ビジネスで成功するためには何が何でもポジティブ思考になればいいというものではありません。

ポジティブ思考にもいくつかのデメリットは存在していて、たとえば前向きな気分であるほど無駄な買い物をしてしまいがちになるという傾向があります。

一方でネガティブ思考にもメリットが存在し、たとえば慎重かつ冷静に意思決定するときには、ネガティブで小さなことにも気付けるメンタルが役に立ちます。

ですので、もしあなたが「ネガティブ思考は絶対に克服しないといけない!!」と考えているなら、まずはその思考を捨てることからスタートしてください。

ネガティブ思考にエネルギーを吸い取られてしまう

ただし、ビジネスでの悪影響が特に大きいのは、ネガティブ思考に偏ってしまう場合です。

ネガティブな感情は私たちの行動力を奪って現状維持を選択してしまう原因になるため、1日中ネガティブな考えに支配されている…という状態は一刻も早く抜け出すべきです。

ポジティブ思考に偏ってしまって、たとえば新たな投資やビジネスに失敗してしまったとしても、1つの経験として学びを得ることができます。

しかしネガティブ思考が強すぎてしまうと、「自分なんてどうせ成功しない」とやる前からあきらめてしまって、そもそも行動を起こすことができなくなるからです。

思考のコツを学べば、今すぐポジティブ思考になれる

「思考」という言葉からするとなんだか難しそうなイメージがあって、ポジティブ思考を身につけるのは簡単なことじゃないと思われるかもしれません。

しかし実際にはそんなことはなく、ちょっとした思考のコツを身につければ、簡単にポジティブ思考を手に入れることができるのです。

ここでは、ポジティブ思考になるために役立つ7つのテクニックを見ていきますね。

ポジティブ思考のコツ①生活リズムを一定にする

「健全な精神は健全な肉体に宿る」という格言があるように、ポジティブで前向きな思考は健康な体調があってこそ。

特にネガティブ思考に陥ってしまうと、夜更かししたり朝寝坊したりして、生活リズムが不規則になりがちです。

私たちの脳みそは夜遅い時間になるほど感情が優位になって、ネガティブ思考のスパイラルに陥ってしまいます。

それを避けるためにも、早寝早起きを基本とした規則正しい生活リズムを実践するべきなんですね。

仕事で成果が出なかったり、なんとなく充実感が得られない日にはつい夜更かししてしまいがちになりますが、しっかりとお風呂に使ってスマホも寝室に持ち込まず、ゆっくりと休息をとることに専念しましょう。

ポジティブ思考のコツ②できたことに目を向ける

ネガティブ思考の人にありがちなのが、物事の悪い面ばかりに注意が向いてしまうという特徴です。

誰にでもミスや間違いはあるものですが、それと同じくらいうまく行ったところや成功したことは存在するはずです。

「できなかったこと」だけに注目するのではなく、「できたこと」もしっかり認めてあげることが、ポジティブ思考を身につける第一歩になるでしょう。

たとえば、こうしてポジティブ思考になるための記事を読んでいるだけでも、何もせずにネガティブ思考にとらわれてしまっている状態よりもずっとマシ。

このように、物事を違った面から考えるスキルは、ビジネスでも必ず役に立ちます。

ポジティブ思考のコツ③即決即断で行動する

ネガティブ思考に陥ってしまうと、新たな行動を起こすのを億劫に感じられます。

「また失敗するんじゃないか」「うまくいかないんじゃないか」

という不安に襲われて、行動しなかったり挑戦するのをあきらめたりした経験があるかもしれません。

思考停止して現状維持を選ぶのを防ぐためには、3秒で決断して3秒で行動する意識が不可欠となります。

つまり、ああだこうだと思い悩んでしまう前に、まず手を動かすということです。

即決即断して先延ばしを防ぐことができれば、「なぜ自分は行動できないんだろう」というネガティブ感情を抱えることもなくなります。

行動して1つのことに集中していればネガティブな感情も気にならなくなるため、ポジティブ思考を身につけるチャンスになるはずですよ。

ポジティブ思考のコツ④変えられないことを変えようとしない

私たちは自分の思考や行動を変えることはできますが、相手の思考や行動を変えることは絶対に不可能です。

もちろん相手が変わるようにこちらから促すことはできるものの、洗脳装置のようなものを使って相手のことを100%変えることはできないのです。

これは対人関係だけの話ではなく、自分の過去や未来についても同じことが言えます。

私たちが今から変えることはできるのは、今現在の思考や行動だけ。

「あのときこうすればよかった」「老後の貯金は足りるだろうか」

などと思い悩んでいたとしても、今の私たちにはどうすることもできないのです。

このように変えられることと変えられないことをしっかりと区別して、今の自分が変えられることだけに集中していくのがポジティブ思考になるためのコツです。

ポジティブ思考のコツ⑤感情を紙に書き出してみる

ついネガティブな感情にメンタルが乗っ取られそうになったときには、自分の感情を紙に書き出してみるというワークを実践してみてください。

スマホやパソコンのメモを使ってもいいですが、ベストなのは紙とペンを使って文字を書くこと。

自分の言葉を使って感情をアウトプットしてみることで、頭の中のモヤモヤを取り払うことができるんですね。

他にも、自分の悩みを信頼できる相手に相談するというのもおすすめ。

客観的に自分の感情を見つめることによって、ネガティブな考えを手放すことができるでしょう。

ポジティブ思考のコツ⑥ネガティブなニュースを見ない

SMSやニュースアプリ、テレビ番組などでネガティブなニュースが取り上げられることがありますよね?

芸能人の不倫や衝撃的な犯罪、政治や経済の悪評などはつい気になって見てしまうものです。

しかし、ネガティブなニュースに触れて私たちの気分がポジティブになることは100%あり得ません。

たとえ嫌いな芸能人のゴシップ記事を読んだとしても、気分が晴れて前向きになれることはないでしょう。

そもそもネガティブなニュースに触れたとしても、私たちには何のメリットもありません。

ネガティブなニュースを見る時間は、勉強や趣味など、もっと有意義なことに使っていきましょう。

ポジティブ思考のコツ⑦完璧主義を捨てる

ネガティブ思考の持ち主は、100%と言っていいほど完璧主義者でもあります。

どんなことに対しても完璧じゃないと気が済まないからこそ、ちょっとしたトラブルでネガティブになったり、行動力が低下してしまったりするんですね。

完璧主義を捨て去るのは簡単なことではありませんが、たとえば完璧ではなく「最速」を目指したり、「最善」を心がけたりすることによって、完璧主義を少しでもやわらげていきましょう。

おわりに

今回はポジティブ思考になるためのテクニックとして、7つの考え方をご紹介してきました。

まずは1つや2つだけでもいいので、ここで紹介した考え方を日々の生活に取り入れてみてくださいね。

3STEP無料オンライン講座プレゼント:今すぐLINEで友達追加