ベストよりもベターを選択しよう

あなたは直感を大事にするタイプですか?それとも論理的に考えるタイプでしょうか?

ビジネスでは論理的に考えるタイプが有利になると思われがちですが、実はそんなこともありません。

直感にしたがってすぐに行動を起こせる人は、論理的に考えようと足踏みしている人と比べて、結果を出しやすいんです。

今回はそれに関連して、ベストよりもベターを選択してビジネスに取り組むべきことについて書いていきたいと思います。

3秒で決断しよう

あなたは副業やビジネスで何か新しい判断を下すとき、どのくらい考えて決断していますか?

「何日も何週間もじっくりと考えてから決める」という人もいれば、「その場で直感にしたがって決める」という人もいるでしょう。

どのような意思決定をするかはあなたの自由ですが、ライバルに差をつけてビジネスで成功を収めたいと考えるなら、一瞬で決断できることに越したことはありません。

「SNS集客を今すぐ始めるか、それとももう少し様子見するか」という意思決定で、いち早く成功しやすいのは今すぐに始めるタイプの人なんでですね。

成功する人は、意思決定が早い

世の中で成功している人の中にも、意思決定が遅い人はほとんどいません。

人からゴルフに誘われたら、その場でスケジュールを確認してゴルフ場の予約までしてしまうのが、ビジネスで成功を収める人の特徴です。

意思決定が早く素早く行動できるということは、新しいチャンスを掴みやすいということでもあります。

多くの人が何かと言い訳をして行動しない理由を探してしまうのに対し、成功者は即決即断が基本。

ということは、あなたも即決即断する習慣を身につけたら、成功者の仲間入りを果たす可能性がグッと高まるんです。

完璧に準備してからでは遅すぎる

即決即断できない人にありがちなのが、ベストな選択肢を選ぼうとしてしまうこと。

100%を目指す完璧主義タイプの人と言い換えてもいいでしょう。

断言しますが、ビジネスの世界で完璧主義な人は、絶対に成功することができません。

そうではなく、ベターな選択肢を選んで60%や80%の準備で行動し始めてしまう人が、強い。

あなたが100%を目指して準備している間に、行動力のあるライバルたちはすでに行動を起こしているのです。

永遠に100%の準備はできない

そもそも100%準備するというのは、現実的にも不可能です。

たとえば「SNS集客に興味があるけど、まだやってないんです」という人になぜやらないのかを聞いてみると、次のような答えが返ってきます。

「まだ準備が整っていないので…」
「もうちょっと勉強してから始めたいので…」

こういうタイプの人は、この先も永遠にSNS集客を始められずに終わるでしょう。

完璧な準備、完璧な勉強なんて存在しないのですから、行動して実践しながら学ぶべきなのです。

合コンでベストな相手を見つけられますか?

わかりやすい例を1つ挙げましょう。

あなたは合コンに参加したことがありますか?

マッチングアプリや結婚相談所、あるいはお見合いのシーンでも構いません。

多くの男女が集まってパートナーを探す場で、すべての異性をチェックして「絶対にこの人だ!」というベストな相手を決める…なんてことはしませんよね?

たまたま席が近かったり、近くに住んでいたり、あるいは趣味が似ていたり。

そうした要素をもとに「この人ならいいかな?」とベターな相手を決めるのが普通です。

第一印象で決めるから、デートできる

もしベストな異性を探そうとしていたら、いつまでもパートナーが見つからず、結婚できずに終わるでしょう。

でも、ベターな相手と親密な関係になって連絡先を交換すれば、デートに誘うことができるようになります。

ビジネスでもこれと一緒で、常に時間をかけてベストな決断をしようとするのは間違い。

変化の早いビジネスの世界では、考える時間を少しでも減らしてベターな決断を目指すことが大切なのです。

ちょっと興味があるものを始めてみよう

あなたは今、興味のあるビジネスがありますか?

英語講師、お料理教室、ヨガのインストラクター、占い師、またはSNSクリエイターでも構いません。

あなたが少しでも興味が引かれるものがあったなら、すぐにそれを始めてみることをおすすめします。

SNSクリエイターの情報を検索して調べたり、スクールに通ってノウハウを学んだり…。

そうやって今すぐに行動できる人が、大きな結果を出せるのです。

見切り発車で始めてもOK

新しいことを始める時には誰でも不安を感じるものですが、ビジネスの世界では見切り発車で始めてしまっても問題ありません。

もちろん100%成功すると断言することはできませんが、見切り発車で始めて失敗するよりは、成功する可能性の方が高い。

ライバルよりも先に行動を起こせるだけでも、ビジネスの世界では圧倒的に有利になるからです。

だから、準備が完璧じゃないからといって、わざわざ下積み期間を作ろうとしないでください。

ぶっつけ本番でいきなり行動してしまえば、自然とやり方がわかってきて、普通の人よりも何倍も効率的に学べるはずですから。

ベストにならなければ、やめたっていい

「ベターな選択肢だと思って始めて見たけど、ちょっとイマイチだった…」

そんなふうに感じることも出てくるでしょう。

ベターだと思えるビジネスを選んで始めたとして、それがあなたにとってのベストな働き方になるかは、やってみないとわかりません。

もしイマイチだな、合わないなと感じたときには、すっぱりとやめてしまってもいいのです。

違うなと思ったら、方向転換しよう

たとえば、英語講師がいいかもと思って始めてみたけど、思ったよりも英語が楽しくなかった…そんなふうに感じたとします。

これはベターな選択肢だと思ったものが、ベストな選択肢にならなかったということ。

だったら、「次はSNSクリエイターをやってみよう」というように、別のベターな選択肢を選べばいいのです。

うまくいかないと思ったらすっぱりと方向転換してみる。

それもビジネスで成功するための不可欠な要素なんです。

おわりに

あなたは普段からベストな選択のために時間をかけず、ベターな選択肢を選べていますか?

新しいことを始めようとするとき、つい完璧に準備しようとしてしまうタイプなら、今日から考え方を切り替えてみてください。

ベストよりもベターを選ぶ。それができるだけでも、あなたの目の前の道はパッと開けてくるはずですよ。