close

【ワンオペママ必読】副業のために限られた時間で学ぶための心得

【ワンオペママ必読】副業のために限られた時間で学ぶための心得

ワンオペママは家事に育児に仕事にいつだって忙しい。

自分の時間や自由に使えるお金がほしいけど、そんな余裕はない!

こんな生活から脱却したくて副業を始めたいけど、そんな時間はない…。

時間がないを理由に副業に必要なスキルを学ぶことを諦めていませんか?

あなた自身や家族の将来のために、「時間」を理由に諦めていたら本当にもったいない!!

今回は、時間に追われるワンオペママ必読!

私が2歳、4歳のワンオペ育児をしながら、限られた時間の中で講座を受けていた時の心得をご紹介します!

ぜひ、スキマ時間で学ぶイメージをしながら最後まで読んでみてくださいね♪

 

睡眠時間は削らない

ワンオペしながら学ぶとすると、一番最初に頭に浮かぶのは「睡眠時間を削る」ことではないでしょうか?

毎日時間がないのだから、その時間を作るには寝る間を惜しんで学ぶ時間を作らなきゃ!と必死。

講座で学び始めた当初は、夜中まで講義動画を見たりして、睡眠時間を削っていました。

でも案の定、あまり寝ていないので身体がきつい!

体調も崩しやすくなり、集中力も続かず仕事にも影響がでるように。

子ども達と遊ぶ余裕もなんてなくなってしまい、寝不足と疲れからイライラ。

家族や自分のために学び始めたはずなのに、本末転倒な結果に。

睡眠時間を削ることなく、他に工夫できることはないか考え「時間を作る」ことを決めました!

 

娯楽はちょとだけ我慢

YouTubeやInstagramを何気なく見ていたら、あっという間に1時間も経っていた。

そんな経験ありますよね?

私も好きなYouTubeを見ながら家事をしたり、寝かしつけをしながらInstagramを眺めていたり。

寝かしつけが終わったら自分へのご褒美タイムとしてNetflixのドラマを見て徹夜したりしていました。

でも、その時間を学ぶ時間に変えようと決意!

時間がない中で学ぶには何か我慢することは必要。

Netflixなどを解約したりなど物理的に我慢するしかない環境を作るのも一つの手

でも私は全てを我慢することはできなかったので、

「続きが気になって、観るのに時間がかかる連ドラは見ない」

「週末は好きなYouTubeを見ていい日にする」

など、我慢する日と娯楽の時間をスケジュールに組み込んで、オンオフの時間を作るようにしました

 

時間を区切って全力集中

先ほどは娯楽はちょっとだけ我慢し、オンオフの時間を作るとお伝えしました。

最後のポイントは、そこにプラス「時間を区切る」ことを意識すること!

時間を区切る意識を持つと、もっと効率よく学ぶ時間を有効活用できますよ。

「今から10分はこの講義動画を観る」

「20分で資料まとめをする」

など、時間を区切ってその時間は全力集中!

短い時間で区切って作業すると集中力も切れないし、作業の合間に携帯を触ってしまい気づいたら30分無駄な時間を過ごしていた!なんてこともなくなります。

携帯のタイマー機能を使って集中すると決めた時間でアラームがなるように設定することもオススメ。

ダラダラとやるよりメリハリがついて効率的に学ぶことができ、日々の目標が達成しやすくなります!

また、時間内で動く習慣を身につけておくことは、副業を始めた際にも必須のスキル!

納期を守れない方にお仕事の依頼はできないですよね?

そのため、時間を区切って時間内で動く習慣を身につけておけば、納期を守って仕事をすることができるのでクライアント様からの信用度も高くなることが期待できます!

 

おわりに

家族や自分のために、収入や時間に余裕がほしいと副業について関心のある方は多いと思います。

ですが、簡単に稼げる副業というのは、ほとんどが詐欺です。

副業と言っても立派なお仕事には変わりはないので、副業を始めるとすると講座などで学ぶことが必須となります。

独学で学ぶことも可能なものもあるかもしれませんが、ワンオペママはとにかく毎日が時間との勝負!

だからこそ、限られた時間の中で学ぶために必要な心得をご紹介しました。

難しいことではなく、今すぐできるものばかりではないでしょうか?

アナタの人生の優先順位を考えて、睡眠時間など死守すべき時間と、娯楽などの我慢する時間が見えてきたならあとはやるだけ!!

副業をやることを決めて数ヶ月頑張れば人生がガラっと変わります!

私もワンオペで時間がないなかで「SNSクリエイター講座」を選んで資格取得をしました。

今では、副業としてお仕事を始めることができています。

もし「SNSクリエイター講座」に興味がある方は別記事でご紹介していますのでぜひ参考にされてくださいね♪